読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アビシニアン☆クウといっしょ

はじめての飼い猫との不器用な日常

混合ワクチン2回目

ワクチンですが、1回目(生後2ヶ月)はブリーダーさんのところで受けたので、今回クウが受けたのは2回目(生後3ヶ月)です。室内飼いなので3種混合を打ちました。外に出る猫さんは5種混合がよいそうです。このあとは1年後、その後も1年に1回ずつ受けます。

f:id:cosmoR:20160906005257p:plain ↑ お外には何があるのかな〜


打つ前にまずは体を診察し、体温をはかります。猫をはじめ、動物の体温は肛門(直腸)ではかることをはじめて知りました。もちろんいやがって鳴いたり逃げようとしたりしますが、こればかりはがんばってもらわないと…。そのあと、便を調べて問題がなければワクチン接種となります。摂取後にもし何かあったときにまた病院にこれるよう、午前中に受診しました。

針をさす部位については、猫は首の後ろ側(母猫が子猫を運ぶときにかむ場所ですね)がいちばん痛みを感じないのですが、クウが受けた病院では後ろ足に打っていますとのことでした。というのは、ワクチンを打った部位にまれに肉腫(にくしゅ/悪性腫瘍)ができることがあり、万が一肉腫になって手術で切除する場合、首だと取り切れないからだそうです。

看護師さんに抱き抱えられ左の後ろ足に注射針がささると、小さく鳴いて動いて途中で1回針がはずれました。「ごめんね、あとちょっと」と獣医さんが即座にさし直し、残りのワクチンを注入。この間、いっしょに立ち会っていた子ども(←注射大キライ)は私の背中に隠れていました(笑)

無事摂取が終わると、獣医さんと看護師さんに「えらいねクウちゃん、シャーッてならなかったね」とほめていただきました(笑) 多くの猫ちゃんはシャーッとキバをむくそうです。打ったあともおとなしく看護師さんに抱かれていました。

ワクチンの影響で風邪のような症状がぶり返したり、食欲不振になる場合もあるようですが、クウはそんな症状はまったくなく、いつも通り遊んでいつも通りモリモリ食べていつも通りだら〜んと寝ていました。

この日のお会計は、再診料800円+ワクチン代5,000円で合計5,800円に消費税プラスで6,260円。やはりかかりますね〜。医療費については次回また。

f:id:cosmoR:20160906011152p:plain

f:id:cosmoR:20160906005624p:plain↑ ぐっすり…(ワクチン接種日の夕方)