読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アビシニアン☆クウといっしょ

はじめての飼い猫との不器用な日常

クウと招き猫、そして直虎

寒中お見舞い申し上げます。

すでに1月末ですが、2017年最初のブログです。昨年は、個人的にはにゃんこ生活デビューイヤーとして記憶に残る年となりましたが、みなさまはいかがでしたでしょうか。本年もよろしくお願いいたします。

さて、年明けだし縁起のいい写真を載せたいと思いまして。で、事務所にある大きな招き猫といっしょにクウを撮ってみました。ざぶとんにクウをすわらせて隣に招き猫を置いてみると…。

f:id:cosmoR:20170127162345j:plain

f:id:cosmoR:20170127162527j:plain

じっと見つめてからにおいをかぎはじめました。そのあとざぶとんを降り、「ん? なんだこの物体は…」と、さらににおいをかいだり、さわったり、いろいろと確認作業をしていました。

下の写真はざぶとん写真とは別日に撮ったものですが(首輪が違います)、両日とも同じように「何だこれ」行動をとっていました。しばらくすると、招き猫が動かないことがわかって興味を失い、離れて行くのですが…。

f:id:cosmoR:20170127164205j:plain

f:id:cosmoR:20170127164036j:plain

f:id:cosmoR:20170127164305j:plain

ところでこの招き猫は、招き猫発祥の地(のひとつ)とされる、世田谷区のお寺「豪徳寺(ごうとくじ)」(東京都世田谷区豪徳寺2-24-7)で買ったものです。江戸時代、近江(現滋賀県彦根藩の第2代藩主の井伊直孝(いいなおたか)がこのお寺の前を通りかかったとき、そこで見かけた白猫(お寺の和尚さんの飼い猫)が手招きしているように見えたのでお寺で休むことにしました。

f:id:cosmoR:20170127162705j:plain
↑ 豪徳寺の招き猫は小判などはもっていません。右手をあげたシンプルなタイプ。滋賀県彦根市ゆるキャラひこにゃん」も、豪徳寺の前で手招きしていた猫がモデルだそうです

すると直後にはげしい雷雨になったそうです。猫に導かれて寺に入ったおかげで雷に打たれずにすんだと考えた直孝は、寺を整備し、井伊家の菩提寺(のひとつ)としました。豪徳寺には、有名な15代藩主・井伊直弼(いいなおすけ。「桜田門外の変」で暗殺された江戸幕府大老)をはじめ、江戸時代に亡くなった井伊家の方々のお墓があります。

f:id:cosmoR:20170127164747j:plain
↑ 豪徳寺・本堂前の参道

話は変わりますが、1月からはじまったNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。女性ながら「直虎(なおとら)」という勇猛果敢な名前のこの主人公も、井伊家の人です(今が旬の女優・柴咲コウさんが演じています)

跡継ぎとなる男子がみな亡くなり、井伊家存亡の危機となったとき、女性ながら当主として御家を守り、のちに彦根藩初代藩主となる井伊直政(いいなおまさ。幼名「虎松」)を2歳から養母として育てあげ、井伊家を救ったそうです。豪徳寺で猫に招かれた直孝の父上が、この、直虎に育てられた直政で
す。

f:id:cosmoR:20170127164806j:plain
↑ 豪徳寺・招福庵

大河ドラマ、じつはめったに見ないのですが、「直虎」という名の女性という、何やら強そうなイメージにひかれて見はじめました。虎はネコ科の動物でもありますし(笑) また、豪徳寺の招き猫伝承と関連のある井伊家の話だということがわかり、より興味をそそられています。まだ話は主人公の子供時代なのですが、子役たちがとても演技力があり、いい味を出しています。これは続けて見てもいいかな? 

f:id:cosmoR:20170127164824j:plain
↑ 豪徳寺・招猫殿横。招き猫がたくさん奉納されています

ところで、昔の和尚さんはよく猫を飼っていたのでしょうか? 豪徳寺の招き猫伝承の猫もお寺の飼い猫らしいですし、大河ドラマに出てくる和尚さん(南渓谷和尚。小林薫さんが茶目っ気たっぷりに演じています)も茶トラ?の猫を抱いています。お寺は来るもの拒まずなので、勝手に住みついたノラさんにエサをやっていたということなのかもしれませんが…。

上の豪徳寺の写真は3年前の春に撮ったものです。桜がとてもきれいなので、この春、また行ってみたいと思っています。今年は井伊家ゆかりの地めぐりでたくさんの人が訪れていそうですね。

【サイト紹介】

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」公式サイト

www.nhk.or.jp

 

【本紹介】

井伊家の教え 彦根藩・末裔の娘が語る赤備えの一族

井伊家の教え 彦根藩・末裔の娘が語る赤備えの一族

 

 井伊家17代当主の長女である著者が、子孫として代々語りつがれてきたことを交えながら、井伊家の歴史を女性らしいやさしい語り口で綴っています。(私のような)お堅い歴史本が苦手な人の井伊家入門書としておすすめです。

 

 直虎のムック本は数多く出ていますが、書店で見て、レイアウトがシンプルで読みやすく、簡潔にまとまっているものを選びました。巻末付録として「事典 直虎をめぐる人物群像」がついているところもポイントです。

 

ペピィの2017年福袋が届きました!

ペット用品通販「ペピィ(PEPPY)」の2017年猫ちゃん用福袋が届きました。12月20日の18時に販売開始だったのですが、たまたまその日の19時ころに告知メールを見て何気なくリンクページを見たら、ワンちゃん用、猫ちゃん用がそれぞれ8種類でなかなか充実したラインアップだったので、1つ買ってみることにしたのでした。

f:id:cosmoR:20161229162031p:plain
↑ ずいぶん大きな箱で届きました

内容と値段でいろいろ迷いましたが、迷っているうちにも「残り●点限り」の●の数字がどんどん減っていきます(!) まずキャットタワーの入っているものと入っていないもので迷いましたが、やはり入っているものは値段がお高めなのと、キャットタワーは大きいので吟味して選んだほうがいいなと思いましたので、入っていないものを選ぶことに。また、個人的にはオーナー向けの猫雑貨には興味がないため、写真を見て猫自身が使えるものだけで構成されていそうな福袋を選びました。15,441円相当が5,400円(税込)の5点セット福袋で、「ベッド2点にマット、ブランケットやおもちゃなど」と説明が書かれていたものです。さっそく開けてみました。

f:id:cosmoR:20161229162808p:plain
↑ 全部で5点

内容をご紹介します。

(1)ドーナツベッド

f:id:cosmoR:20161229163245p:plain

f:id:cosmoR:20161229163322p:plain

七夕のお飾りのようにくるっと開いてゴムで留め、ドーナツ状にして使うダンボール製のベッドです。けっこう重いので計ってみたら、2キロちょっとありました。通気性にすぐれているそうなので夏用ですね。ダンボールですが、接地面はなめらかで案外寝心地よさそうです。きっとクウはガリガリ爪とぎとしても使います(笑) ペピィのサイトで価格8,100円となっていましたが、高い…。セールで4,320円になっていましたが、それでも高い…。紙製だけど手間がかかった商品だからでしょうか。

(2)くたくたにゃんベッド

f:id:cosmoR:20161229163442p:plain
↑ 左が上側、右が下側

f:id:cosmoR:20161229163519p:plain↑ こんな感じで折り返すと猫ちゃんが入りやすいそうです

手編み毛糸(アクリル100%)でできた袋状のベッドです。ペピィの商品ページには、「ヒザの上にも乗せやすい形と大きさだから、わが子を抱っこしながらモフモフできる!」(笑)とありました。いまクウは夫と子どもと一緒に事務所に泊まっているので、試せなくて残念。オレンジとイエローがあるようですが、うちに届いたのはオレンジでした。価格3,888円。

(3)ござにゃん

f:id:cosmoR:20161229163658p:plain

f:id:cosmoR:20161229163728p:plain

↑ このぬいぐるみは子猫ぐらいのサイズですが、成猫でもゆったり寝られそうなサイズです

い草のマットなので、これも夏用ですね。レビューを見ると乗ってくれない猫ちゃんもいるようですが、55×45cmでわりと大きめなので、人間がすわるのに使ってもいいかも? 価格861円。

(4)まゆおどりびょんびょん

f:id:cosmoR:20161229163921p:plain
↑ 3つのまゆは、それぞれワイヤーにそって動かすことができます

天然まゆでできたネズミが3匹連なったじゃらし系おもちゃです。実はうちにすでに1つあって、クウも好きなおもちゃです。今使っているのはだいぶへたってきているので、いずれこれが2代目に。ペピィのサイトではもう載っていませんでしたが、Amazonで見ると元の価格は648円のようです。

(5)あったかブランケット

f:id:cosmoR:20161229164121p:plain

f:id:cosmoR:20161229164314p:plain↑ 赤系と白系の組み合わせのものが届きました

約50×70cmの肌触りのよいブランケットです。表と裏で別の模様になっています。「キャンペーン用あったかブランケット」となっていたので、もしや非売品? 価格はわかりませんが、引き算すると1,944円相当でしょうか…?

まさか自分が猫の福袋を買うとは思ってもみませんでしたが、すべて使えそうなものだったので(クウが使ってくれるかはこれからですが…)、わりとお得な福袋だったと思います。ペピィの福袋はすでに完売ですが、1月5日(木)夕方から第2弾があって、「セレクト福袋が抽選でもらえる!」そうです。どんな内容でしょうね。ちょっと楽しみです。

それではこれから私もクウのいる事務所に行って、忘年会に参加してきます!

f:id:cosmoR:20161229170728p:plain
↑ 「早く来るんにゃよ。寝て待ってるにゃよ」


【お店情報】

ペピィ https://www.peppynet.com

「ペピィ(PEPPY)」は「ペット(PET)」+「ハッピィ(HAPPY)」の造語だそうです。ダンボールに書かれてあってはじめて知りました…。

【商品情報】

ペッツルート (Petz Route) まゆおどり びょんびょん

ペッツルート (Petz Route) まゆおどり びょんびょん

 

 Amazonではいま、48%オフの338円(!)ですね。同じペッツルートの猫じゃらしでトンボの形の「カシャカシャびょんびょん」↓ もクウのお気に入りです

ペッツルート (Petz Route) カシャカシャびょんびょん

ペッツルート (Petz Route) カシャカシャびょんびょん

 

 

Merry Christmas! クウとのはじめてのクリスマス

f:id:cosmoR:20161225223938p:plain

クリスマスですね。今年はツリーを新調しました。いままでのは子ども向けのおもっちゃっぽいツリー(葉の先端がLEDになっていてピカピカ光りました。それはそれできれいでしたが)だったので、少しリアルな大人っぽいものがほしいと思っていました。

そこで検討した結果、ドイツのRSグローバルトレード社(元プラスティフロアー社)のツリーに決めました。葉や枝がリアルな質感なのと、鉢植えのようになっていたのが決め手です。ネットで見ただけで購入しましたが、思った通りの高級感で満足でした。ただ、下が鉢なので少し倒れやすいかもしれません。クウのようないたずらっ子がいなければ問題ないですが…(笑) サイズは90cm、120cm、150cm、195cmがあるようですが、うちは狭いので当然90cm(笑)。いつか、大きなサイズのツリーを飾ってみたいものです。

f:id:cosmoR:20161226014403p:plain

f:id:cosmoR:20161225224658p:plain

オーナメントもシックに(?)、ボール(光沢ボール&ラメボール)と松ぼっくりのセットでゴールドとオレンジを買いました。小ぶりながらすてきなクリスマスツリーに!…なったのはいいのですが、オーナメントは軽いので、クウがよく前足で取って転がして遊んでしまうので、気づくとあちこちに落ちているのでした(笑)

f:id:cosmoR:20161226013528p:plain

f:id:cosmoR:20161226015301j:plain

ところで先日、いつのまにかクウのの首輪(緑の唐草模様)がはずれてなくなっていたので、首輪もクリスマスバージョンの赤いものにしていました。唐草模様の首輪と同じ、「招福」さんのお品です。赤い首輪もいいですね。サイズは子猫用のSにしましたが、長さがギリギリだったので、もうMでよいようです。なくなっていた唐草模様の首輪は、キャットボックスの中で見つかりました。

 

f:id:cosmoR:20161225231649p:plain

f:id:cosmoR:20161225231747p:plain

さてインスタなどにクリスマスコスプレのかわいい猫さんがたくさん上がっていたので、「よし、クウも」と思い、ハロウィンのマントを買った「猫用品のゴロにゃん」さんでお店のオリジナルの天使マントを買いました。背中に羽がついたかわいいマントです。

しかしハロウィンのときと同様、なかなか着てくれない&着てもすぐ脱いでしまいます。そこで、今回も子どもに抱っこしてもらい、一瞬着たところをパチリ。やっぱり数枚しか撮れませんでした(笑) 服が嫌いなので仕方ないですね〜。

f:id:cosmoR:20161225233427p:plain

けれど先日、眠そうなときにそっとマフラーを巻いてみると、しばらくそのまま寝たあと、起きてからもつけていてくれました。つけていることに気づいていないのか、頭にかぶさっていないので大丈夫なのか…。

 

f:id:cosmoR:20161225234758p:plain

ともあれ、がんばってマントを着てくれた(数秒ですが…)ごほうびに、クウにもクリスマスプレゼントをあげました。おもちゃのセットです。「犬と猫のJohn&Coco」さんで購入したもので、ボールが3種類と、ネズミとクリスマスブーツの小さなぬいぐるみが入っていました。しばらくこれで一緒に遊びましたが、やがて眠くなったらしく、午後はコタツの中やケージのベッドでずっとお昼寝モードだったクウです。

f:id:cosmoR:20161225235217p:plain

f:id:cosmoR:20161226025158p:plain

f:id:cosmoR:20161226030802j:plain



【商品情報】

RSグローバルトレード (RS GLOBAL TRADE) クリスマスツリー 90cm

RSグローバルトレード (RS GLOBAL TRADE) クリスマスツリー 90cm

 

今回購入した90cmサイズのクリスマスツリー

 

【お店情報】

猫雑貨 招福 http://www.rakuten.co.jp/shyofuku/

猫用品の専門店ゴロにゃん(56nyan) http://www.rakuten.co.jp/56nyan/

犬と猫のJohn&Coco http://www.rakuten.ne.jp/gold/mpcpets/

 

 

 

 

初雪。クウがはじめて見た雪

f:id:cosmoR:20161223140544p:plain
↑ 「お空から何か降ってくるよ」

先月24日(木)、初雪が降りました。東京で11月に雪が降るのは1962年以来、なんと54年ぶりだそうです。そんなにレアな出来事だったとは…。先日の「ドラえもん」でのび太くんのママもいってましたが(笑)、東京では12月に雪が降ることさえめずらしいのです。ホワイトクリスマスなんてめったにお目にかかれません。

f:id:cosmoR:20161223023950p:plain
↑ 2016年11月24日(木)、東京で初雪

私は12月生まれなのですが、ハタチになった年には誕生日に雪が降ったのを覚えていますハタチだし、雪はめずらしいしで、母親に家の外でスナップ写真を撮ってもらいました。写真館で振り袖写真などを撮る予定はなかったので、ハタチ記念のつもりで。

f:id:cosmoR:20161223012303p:plain
↑ ハタチの誕生日に降った雪は、この雪よりもっと少なくパラパラでしたが…

けれど、残念ながらその写真を見ることはできませんでした。というのも、カメラのフタを開けてしまうというハプニングがありまして…。そう、当時はフィルムカメラだったので、フタを開けてしまうとフィルムが感光してダメになってしまうのでした。大昔の話です(笑)

f:id:cosmoR:20161223012327p:plain
↑ 積雪1、2センチ?

さて、今回降ったその記録的な雪は、クウが生まれてはじめて見た雪となりました。クウはよくキッチンにある窓から外を眺めているのですが、ふだん見えるのは、壁と空と高架を走る電車だけ。それがこの日は、何やら白いものがひっきりなしに降ってくるのですから、興味津々です。

f:id:cosmoR:20161223012656p:plain

f:id:cosmoR:20161223012728p:plain
↑ 「何だろう? どこから来るんだろう?」

窓際に来てはウロウロしながら眺め、雪をつかまえようとするかのようなそぶりをします。ジャンプして飛びついたりもしていました。雪が降るフワフワした感じが猫の狩猟本能をくすぐる動きなんでしょうね。

f:id:cosmoR:20161223012423p:plain

f:id:cosmoR:20161223012828p:plain

↑ 雪めがけてジャーーーンプ!

しばらくそうして観察&追っかけするといったん窓際から離れ、また近寄ってきては観察&追っかけて…を、何度も何度も繰り返していました。興奮して立ち上がって見ていることも…!

f:id:cosmoR:20161223013007p:plain

f:id:cosmoR:20161223013025p:plain
↑「こうしたら、もっとよく見えるかな!?」 クウはめったに立ち上がらないので、今回の雪と同じでレアな出来事です

動画もありますのでよろしければご覧ください。ちょっと長めで約3分。見ているあいだにカップ麺ができ上がります(笑)


生まれて初めて見る雪に興味津々のアビシニアンの子猫 Abyssinian Kitten so interested in snow he saw for the first time

この日、昼過ぎには雪はやんでしまいましたが、54年ぶりの出来事、かつクウがはじめて見た雪として、いつまでもいつまでも記憶に残りそうです。

f:id:cosmoR:20161223025618p:plain

f:id:cosmoR:20161223013415p:plain
↑ 「この白いの、雪っていうんだって。また降るかな〜?」

脱走防止策(1):「ドアの閉開注意」ステッカーを貼りました

f:id:cosmoR:20161216172359p:plain↑ 12月13日で生後7ヶ月

ブログの更新をさぼっているうちにクウは今月13日でもう7ヶ月になりました! 体重も3kgを超え、運動能力はますます高まりつつあります。走るスピードもジャンプの高さもかなりのもの。好奇心もとても旺盛で、「(飼い主が)何か目新しい作業をしているぞ」と思うと、近づいてじぃ〜っと見つめたあと、ちょっかいを出してきます(笑)。

f:id:cosmoR:20161216173427p:plain
↑ 「何してるの〜?」


また、だれかが階段を下りたり、玄関を開ける音がしたりすると、たとえ丸まってぐっすり寝ていても、すぐさまパッと飛び起き、階段とリビングの間のしきりをぴょんと飛び超えてトントンと階段を下りて行きます。その反応の素早さといったら。大きな耳が、パラボラアンテナのようにわずかな物音もキャッチするのでしょう。

f:id:cosmoR:20161216174911p:plain
↑ チリンチリンと首輪の鈴を鳴らしながら下りていきます

うちはもともと階段とリビングが直でつながっていて、子どもが赤ちゃんの頃に落下防止用につけた高さ約80cmの低いしきりドアしかありません。猫のクウにはやすやすとジャンプできる高さなので、3階のリビングからいっきに1階の玄関まで下りられてしまいます。子どもが学校から帰ってくると、真っ先に出迎えるのはいつもクウです。

f:id:cosmoR:20161216181019p:plain
↑ ごちゃごちゃ物が多くてなんですが(汗)、リビングと階段のしきりドアです。伸びをしているクウと同じくらいの高さ…

f:id:cosmoR:20161216181222p:plain
↑ もちろん、ワンジャンプで飛び乗れます

夫が夜帰ってきて玄関ドアを開けたら足元にクウが…!ということもありました。あわや脱走!というところでしたが夫が「あっ!!」と叫ぶと、その声に驚いたクウがあわてて逆戻りして階段を駆け上がり、セーフでした。

f:id:cosmoR:20161216181450p:plain

f:id:cosmoR:20161216181521p:plain
↑ 「だれか帰ってきたかな〜?」

本来、階段にドアを設置するなどの脱走防止策は猫を飼う前にすべきなのですが、うちはつっぱり式などが簡単に使えない構造のため、対策が遅れておりました…。そこで、とりあえずは注意喚起のため、玄関の外側に「猫、脱走注意」的なステッカーを貼りたいと思っていたところ、ちょうどフェリシモの通販で下記のようなステッカーを見つけました。

f:id:cosmoR:20161216181657p:plain

f:id:cosmoR:20161216181756p:plain
↑ 「猫が飛び出します! ドア閉開注意 マグネットステッカー」
マグネットステッカー2枚、レスキューカード1枚。税込915円。下の写真はレスキューカードの裏面

フェリシモはご存じの方も多いと思いますが、ファッション・雑貨の通販です。基本的に気に入った商品のシリーズを毎月1点ずつコレクションしていく方式ですが、このステッカーのように1点のみ(ジャストワン)で買える場合もあります。

しばらく前からこのフェリシモ「猫部」という、猫のオーナーさんおよび猫向けのファッショングッズや雑貨を扱うブランドができました。このステッカーも猫部の商品で、「猫が飛び出します ドアの閉開注意」「○匹と暮らしています 緊急時 猫の救助をお願いします」という2種類のマグネットステッカーと、猫の飼い主の情報などを書き込める猫レスキューカードの3点セットになっています。さっそく「ドアの閉開注意」ステッカーを玄関先に貼ってみました。

f:id:cosmoR:20161216211848p:plain↑ なかなか目立ちます。が、「猫が飛び出します」の文字はもう少し大きいほうが見やすいかも?

このステッカーを貼ったあと、こんなことがありました。ある日宅配便が来たのですが、子どもがクウを抱っこしていたので大丈夫かと思い、階段を下りて行きました。ところがクウが子どもの腕をすり抜けてしまったらしく、「クウが行った! クウが行った!」という叫び声が聞こえました。そこで玄関ドアを開ける直前に「ちょっとお待ちください」と配達員さんに言ったところ、「ゆっくりでいいですよ〜」と言ってくださいました。たぶん、ステッカーを見てくださったのではと思います。

f:id:cosmoR:20161216212443p:plain
↑ 「ぼくに来た荷物?」

ということでドアの閉開には注意をしているのですが、じつはこのステッカーを貼ったあと、クウは2回ほどプチ脱走をしていまして…。1度目はやはり宅配便を受け取るとき、2度目は子どものお友達が玄関をうっかり開け放してしまったときです。いずれの場合も、見慣れない外に出たクウはクンクンにおいをかぎながらウロウロしたため、すぐに捕まえることができ、大脱走にならずにすみました

f:id:cosmoR:20161216215319p:plain
↑ 「お外に出てはだめなの〜?」

いまは、宅配便などを受け取るときや子どもの友だちが出入りするときは、クウをドアのある部屋や洗面室、ケージなどにいったん入れてから玄関を開けるようにしています。それでも玄関を外から開けるときには心配ですので、「リビングと階段のあいだにきちんとしたしきりドアをつける計画」を進行中です。完成は少し先になりそうですが、できたらまたこちらでレポートを。

f:id:cosmoR:20161216212923p:plain
↑ 「どこにドアができるって?」

 

【参考サイト】

 フェリシモ 猫部
http://www.nekobu.com

猫部は、もともとはフェリシモの猫好き社員による社内部活動のひとつだったそうです。猫グッズの企画・販売をするほか、いまでは保護猫の譲渡会に協力したり、売り上げの一部を動物愛護団体に寄付するなど、CRS(企業の社会的責任)活動も行われています(「AERA」2016年12月19日号より)。

 

 

 

 

 

夏休みの自由研究:「猫の研究」

f:id:cosmoR:20161108202024p:plain↑ 2016年11月8日撮影


季節はずれの話題で恐縮ですが、今年の子どもの夏休みの自由研究は「猫の研究」でした。まぁ、親が誘導した感はありますが(笑) そもそも猫を飼うのを夏にしたのも、子どもが猫とふれあう時間を長くとりたかったからです。子猫はあっという間に大きくなってしまいますので、成長ぶりをよく見ておいてほしかったのです。また飼うからには猫についていろいろ知っておいてほしいと思い、自由研究としてすすめたのでした。

f:id:cosmoR:20161108204031p:plain↑ クウのプロフィール

実は自分自身も知りたかった、というのも理由のひとつです。子どもといっしょに調べたら一石二鳥かと(笑) ちなみに自由研究で猫をテーマにしたクラスメイトがほかに2人いたそうです。やはり猫人気のようですね。

「猫の研究」はスケッチブック1冊で全48ページ、内容は本やネットなどで調べた情報をまとめたり、クウの観察・スケッチを載せたものでした。調べたなかで私がいちばん興味をそそられたのはアビシニアンの起源です。

f:id:cosmoR:20161108203224p:plain
↑ アビシニアンについて

よくネットなどでは、アビシニアンは「エジプト起源の歴史あるネコ」と書かれています。古代エジプトの絵画に描かれたり彫刻となっている猫も、そのすらりとした容姿がアビシニアンに似ています。しかし、現在の遺伝子研究によると、アビシニアンはインド洋沿岸部や東南アジアで進化した、もっと新しい時代の猫であることがわかっているそうです。この辺については調べ中なので、また別の記事にできればと思っています。

f:id:cosmoR:20161108214336p:plain
↑ ボクの祖先はどこから来たのかな?(2016年11月6日撮影)

さて、「クウの観察」では、ごはんの前・最中・あとの様子、好きなおもちゃ、好きな場所、1日の過ごし方、いつ鳴くかなどを観察しましたが、観察をしてからまだ3ヶ月くらいしかたっていないのに、すでになつかしい気がします。

たとえば「好きな場所」としてあげられているのは、

(1)キャリーバッグ
(2)テレビ台(大)の下
(3)テレビ台(小)の下
(4)テレビ台の後ろ
(5)座椅子
(6)ダンボールハウスの中
(7)コンピュータの上

となっていて、今でも好きな場所もありますが、(2)や(7)はもうあまり行きません。一時期は食洗機の上がお気に入りでしたが(笑)、今は階段の踊り場の窓辺が気に入っています。寒くなってきたので日が当たる場所がよいのかもしれませんね。

f:id:cosmoR:20161108214747p:plain
↑ クウの観察(4)好きな場所

f:id:cosmoR:20161108215400p:plain↑ 一時期は食洗機の上がお気に入りでした(2016年9月29日撮影)


また「クウギャラリー」としてコラージュしたクウの写真を見ると、このころは体が小さかったなぁと思います。みるみる大きくなって、今や抱っこしている子どもが小さく見えます(笑)

f:id:cosmoR:20161108221442p:plain
↑ クウギャラリー。8月末までの写真が貼ってあります

f:id:cosmoR:20161108220953p:plain↑ 生後約3ヶ月(2016年8月5日撮影)。小さい…

 

f:id:cosmoR:20161108221237p:plain↑ もうすぐ生後6ヶ月(2016年11月6日撮影)。もう両手でかかえないと抱っこできない…

クウのスケッチもしましたが、やはり寝ているときがいちばん描きやすいですね。

f:id:cosmoR:20161108222725p:plain

f:id:cosmoR:20161108222754p:plain
↑ スケッチ中(2016年8月17日撮影)

f:id:cosmoR:20161108222847p:plain
↑ クウのスケッチ。格別上手というわけではありませんが、愛情はこもっています(笑)

私が気に入っているページのひとつは「猫の種類」ページです。猫を「かわいいヤツ」「ワイルドなヤツ」「でっかい/小さいヤツ」「昔はねずみとりだったヤツ」「モフモフなやつ」「スマートなヤツ」に分けて紹介しています。分け方は適当ですが(笑)、イラストが愛嬌あっていい感じです。

f:id:cosmoR:20161108224612p:plain
↑ 猫の種類(1)かわいいヤツ (2)ワイルドなやつ

f:id:cosmoR:20161108224720p:plain↑ 猫の種類(3)でっかいヤツ/小さいヤツ (4)昔はねずみとりだったヤツ

f:id:cosmoR:20161108224943p:plain↑ 猫の種類(5)モフモフなヤツ (6)スマートなヤツ

この自由研究で、子どもは少しは猫について知ることができたでしょうか。私自身も、いろいろ調べたり、日々クウと過ごすことでだんだんわかってきたことがあります。クウの方も成長するにつれ、われわれ人間を理解しはじめているような? 

この先、もっと猫/クウについて深く知り、よりうまくコミュニケーションがとれるようになれればいいなと考えています。

f:id:cosmoR:20161108233745p:plain↑ もっともっと仲よくなりたいな〜(2016年10月4日撮影)


【本情報】
高野八重子・高野賢治著「猫の教科書 改訂版」(緑書房

猫の教科書

猫の教科書

 

 自由研究をするにあたっていちばん参考にした本です。前半は豊富なカラー写真とともに「猫種解説」、後半は「猫学」として、猫の歴史、体の構造と機能、飼育管理、健康、行動学、繁殖学、遺伝学などが写真や図版とともに詳しく載っていて、一般向けの医学書のような感じになっています。巻末には「猫の血液型」「猫にまつわることわざ」や「用語集」などもあります。猫飼いさんにおすすめの一冊


南部美香著「0才から2才のネコの育て方」(高橋書店

0才から2才のネコの育て方

0才から2才のネコの育て方

 

獣医さんの書いた本。コンパクトながら、子猫を飼うにあたって知りたいことが、かゆいところに手が届くように(笑)書かれています


Pet Clinicアニホス監修「はじめてネコBOOK」(主婦の友社

はじめてネコBOOK―いちばんわかりやすい! 幸せ飼い方マニュアル

はじめてネコBOOK―いちばんわかりやすい! 幸せ飼い方マニュアル

 

 クウを買う前にはじめて読んだ猫の飼い方本。猫を飼うにあたり、その全容をざっと知るのに便利でした




 



ハロウィン:クウ、はじめてコスプレする

HAPPY HALLOWEEN!

f:id:cosmoR:20161031235315p:plain


今日はハロウィン。昨日の日曜、東京・渋谷あたりでは仮装した人たちで大変なにぎわいだったようです。名物(?)のDJポリス(機動隊・広報班)も出て対応に大わらわだったとか。今日は平日ですが、やっぱり人が出ていたのでしょうか?

自分が子どもの頃は、クリスマスやバレンタインデーはあってもハロウィンはほとんど知られていませんでした。学生時代、映画「ET」を見て、「アメリカにはそんなお祭りがあるのね」と思ったのがハロウィンを知った最初かもしれません(…て、歳がばれますね。笑)。

それが今や一大イベント。今朝のHNKニュースでいってましたが、なんでも日本記念日協会の推計によると、今年のハロウィン関連の市場規模は1,345億円(昨年より10%増)にのぼる予測で、クリスマスについで2位のバレンタインデー(1,340億円)に匹敵するそうです。今後はハロウィンにもビジネスチャンスあり!

f:id:cosmoR:20161031231850p:plain

ともあれ、ハロウィンといえば仮装。Twitterやインスタグラムでも猫ちゃんたちのかわいいコスプレ姿の写真が多数アップされていました。そこでクウも、はじめてのコスプレ写真を撮ることに。ネットショップ「猫用品の専門店 ゴロにゃん(56nyan)」さんのオリジナル商品「黒猫になれるマント」(税込2,700円)を買ってみました。

 

f:id:cosmoR:20161031232547p:plain↑ とんがり帽子と頭が一体になったような黒猫ちゃんのマント。星の片側がマジックテープになっていて首にくるっと巻いて着せます。かぼちゃのアップリケと首元の星がかわいい

撮影背景として、先日つくったキャットプレイBOXをほんのちょっぴりハロウィン仕様に。といっても残念ながらディスプレイセンスをもち合わせてないので、バナーをつけて、ゲーセンでとったかぼちゃぬいぐるみを置いただけですが(笑)

f:id:cosmoR:20161101003849p:plain

f:id:cosmoR:20161031232856p:plain

そして、いよいよクウにマントをつけましたが…

f:id:cosmoR:20161031232947p:plain

やはり…

f:id:cosmoR:20161031233058p:plain

ぬいでしまいました(笑)

f:id:cosmoR:20161031233227p:plain


昨日放映された3DCGアニメ「こねこのチー」第5話でお父さんがチーにウサギの衣装やマントをつけようとして奮闘するさまが描かれてましたが、まさにそれと同じ! 何度かトライしましたが、「やだ〜ッ!」という感じで即ぬいでしまいます。やっぱり猫は服を着るのが嫌いなのですね。衣装を着ておすまし顔ですわっているインスタの猫さんたちは、かなりコスプレ上級者(上級猫)と見ます…。

f:id:cosmoR:20161031233338p:plain

f:id:cosmoR:20161031233420p:plain

↑ 「クンクン、なんだこれ? あやしいなー」

無理強いしてストレスになってもかわいそうなので、クウ単独で写真を撮るのはあきらめ、子どもに抱っこしてもらって撮ることにしました。抱っこをしていると、比較的長く着てくれるのです。…といっても1、2分ですが(笑) クウがあちこち向くのでなかなかうまく撮れませんでしたが、何とか撮れたこの1枚。

 

f:id:cosmoR:20161031235015p:plain

クウ、服を着るのが好きじゃないのにがんばってくれてありがとう!

…で、クリスマスもお願いできるかな? ごほうびに「焼きかつお」でどう?

「え? にゃんだって?」

f:id:cosmoR:20161031235130p:plain


【お店情報】

猫用品の専門店 ゴロにゃん(56nyan)

http://www.rakuten.co.jp/56nyan/

なかなかの品ぞろえです