アビシニアン☆クウといっしょ

はじめての飼い猫との不器用な日常

CTスキャン、はじめての入院、そして。

バリウム検査の結果、おそらく手術が必要だろうといわれたクウ。

f:id:cosmoR:20180801002850p:plain

2018年7月30日撮影

朝10時過ぎに紹介された病院へ。いきなり麻酔をかけて手術というより、まずは無麻酔CTスキャンをして、どんな治療がベストかを見極めましょうということになりました。

約20分後。

無麻酔のCTスキャンなので動いてぶれた映像でしたが、クウの身体の縦切りと輪切りの映像、およびレントゲン画像を見ながら説明いただきました。

「流れてますね」

と先生。前日胃にたまっていたバリウムは、腸のほうに流れていたとのことです。異物と思われるものはいま小腸(の後半部分の回腸)とおぼしき場所にあり、もしこれがこのまま小腸にとどまるなら、内視鏡手術ではとれないので、開腹手術になるということでした。

異物は、飲み込んでしまったウレタン素材も混ざっている可能性もあるにはありますが、ところどころすき間があるのように見えるので、おそらく毛玉だろうとのことです。

腸には入ったけれど、時間がかかっているのと、これが大腸まで到達するかどうかがわからないので(大腸に入ってしまえば問題は解決)、とりあえず入院させて様子を見ようということになりました。

昨年の去勢手術のときは日帰りでしたから、クウ、はじめての入院です。先生のいうことをきいて、いい子でね。クウを置いて、午後1時半くらいに病院を出ました。

どうか手術になりませんように、と願いながら待っていると、夕方6時過ぎに電話が。

「大腸に入ってますね! もう大丈夫でしょう」

「!!」 

どうやら手術はまぬがれたようです! このまま容態が悪化したりしなければ、翌日の夕方には退院できるとのことでした。よかった!! 

f:id:cosmoR:20180801003640p:plain

入院した日の午後6時くらいのレントゲン画像。バリウムは大腸に移動している。濃い白いのがうんち、左下のモケモケしたのが毛玉だそう

翌日電話で確認すると、予定通り退院できるとのこと。夕方6時過ぎにお迎えに行きました。待合室で待っていると、診察室からクウの鳴き声が聞こえてきます。なんだか怒っているような…。

診察室に入ると、キャリーケースに入ったクウが、ケースのフタに頭をゴンゴン打ち付けながら怒って鳴いています。ナムナムナム…と、ふだん聞かないような声も出していました。

「先生、なんで怒っているんでしょうね。キャリーに入れられてるからですかね?」

「そうですね。あと、カラーをつけてて毛づくろいできなかったせいで…。でも、元気でしたよ。朝ごはんもふつうに食べました」

朝、うんちをしたそうですが、毛玉が大量に含まれていたそうです。おそらく胃から腸への入り口をふさいでいたのは毛玉で、それがバリウムを流して腸が膨張したことによってゆっくりではあったけれど流れたのだろう、とのことでした。

帰りのバス&電車でも、キャリーケースの中でけっこう大きな声でミャアミャア鳴いていましたが(いろんな人にふり向かれました)、家に帰ってケースを開けるやいなや飛び出し、鳴きやみました。

しばらくのあいだは、家の中をパトロール

f:id:cosmoR:20180801003616p:plain

ケージも入って確認しないとね

f:id:cosmoR:20180801003530p:plain

高いところからも見てみないと

ごはんをあげると、いつものように速効で完食(笑)

f:id:cosmoR:20180801002716p:plain

ガツガツ!

食後は念入りに毛づくろい。

f:id:cosmoR:20180801003629p:plain

食べたら身体をきれいにしないとね

場所を変えて、また、毛づくろい。

f:id:cosmoR:20180801003601p:plain

もちろん、後ろ足も

f:id:cosmoR:20180801005019p:plain

こんな体勢で失礼

これを繰り返しながら、自分のテリトリーを確認していましたよ(?)

そのあと安心したのか、カゴに入って寝入りました。

f:id:cosmoR:20180801002814p:plain

このカゴに入ったのははじめて

f:id:cosmoR:20180801002744p:plain

Zzz…


 いやぁ、とにかく手術をせずにすんで、本当によかったです。

 

 

 

猫のクウ、バリウム検査をする

f:id:cosmoR:20180729235127p:plain

2018年7月28日撮影

昨日の朝。いつもなら「ごはんちょうだい! ちょうだい!」とまとわりついてくるクウが、ベッドから起きてきません。病院で吐いたあとは吐いていませんでしたが、はやり具合が悪そうです。キャリーケースに下ろすとおとなしく中に入りました。

午前9時半、病院に行き、前日の様子を伝えると、バリウム検査のためにそのまま預かりとなりました。

午後4時半、お迎えに。先生の話では、バリウムがほとんど胃に残ったままで腸へ流れないため、異物があったとしても写らなかったとのこと。下がそのレントゲン写真です。

早い場合は3時間くらいで胃からすべて抜けるのに、6時間たっても胃に残ったまま。可能性としては、異物によって胃から腸への出口付近がふさがれている、あるいはふさがれていないが、炎症などによって腫れて通れなくなっている、というケースが考えられるそうです。

f:id:cosmoR:20180729234534p:plain

白い部分がバリウムのたまった胃

ほんの少しではありますが、バリウムが腸へ流れていて、腸ではプールになってたまっているところがないので、恐らく胃の中だろう、とのこと。内視鏡なら口から入れて胃から十二指腸ぐらいまで届き、(ツルツルしたスーパーボールのようなものでない限り)異物があれば取れるし、炎症の有無など中の様子がわかるので、内視鏡手術をするのがよいのではということでした。

ただし、何らかの問題で腸がまったく動いていない可能性もあるので、問題が腸(小腸・大腸)にある場合は開腹手術が必要になるかもしれないということです。

いずれにしろ内視鏡検査が必要ですが、通っている医院では設備がないため、別の病院を紹介していただくことに。そちらの病院ではCTスキャン(身体を輪切りや縦切りにした画像が見られるあれですね)もできるので、手術の前にまずはCTスキャンでより詳しく確認するかもしれない、とのことでした。

でも、ああ、やっぱり手術なのですね…。

この日も水分補給の点滴と胃のムカムカをおさえる薬の注射をしました。ちなみに点滴は前日同様、血管にするのではなく、首の後ろあたりの皮膚に入れる皮下点滴です。この点滴、時間がたつと輸液が重力でお腹側に移動するため、胸のあたりがタプタプになってました。ゆっくり身体に吸収されていくそうです。

f:id:cosmoR:20180729234520p:plain

胸あたりが垂れ下がってタプタプしている

また、固形のごはんだとまた吐いてしまうかもしれないので、高栄養の流動食を1本処方していただきました。ロイヤルカナンの「クリティカル リキッド」というものです。食べられれば1本(200 ml)全部あげてもOK、でもたぶん胃が気持ち悪くてあまり食べられないので、半分が目標といわれました。

f:id:cosmoR:20180729234506p:plain

クリティカルリキッド

家に帰ってさっそくお皿に出してみると、クリーム色で、少しトロリとした液体です。

f:id:cosmoR:20180729234452p:plain

クリーム色の流動食

キッチンで用意していると、お腹がすいているクウはちょうだいちょうだいと寄ってきましたが、いざお皿を出すと、においをかいで、プイっと行ってしまいました。確かに薬っぽくて、あまり食欲をそそるにおいではないんですね。

f:id:cosmoR:20180729235108p:plain

プイッとそっぽを向く

食べなかったらどうしよう…と思いましたが、しばらく置きっぱなしにしてみることに。すると! いつの間にかなめたようで、なくなっていました!

f:id:cosmoR:20180729234432p:plain

食べてみたら、案外おいしい?

その日は夜中の12時まで与えてよいとのことでしたので、時間をかけて少しずつ、半分弱ぐらいは食べることができました。少しは栄養がとれてよかった。その日は吐くこともなく、見た目には元気な様子だったので、少し安心しました。続きは次回に。

 

 

 

食いしん坊クウがごはんを残した日

暑中お見舞い申し上げます。寒中お見舞いの次のブログが暑中お見舞いって…^_^;

f:id:cosmoR:20180727234908p:plain

2018年7月26日撮影

あのYouTuberのヒカキンさんが猫を飼ったそうです。スコティッシュフォールドの男の子。茶色と白のモフモフの子猫ちゃん。かわいいですね〜。名前は「まるお」くんだそうです。

で、思い出しました。私にはブログがあったことを(笑) …というわけでもないですが、まるおくんの映像を見て、仕事の忙しさにかまけてさぼっていたブログを書きたくなりました。

あたためていた記事のうちどれを書こうかと思っていたところ、なんだかクウの様子がおかしいことに気付きました。ここのところ、吐く回数が多いのです。

猫は毛玉などをよく吐くといいますが、いままでクウはめったに吐かなかったのです。それが、先週末に吐いてから、今週はじめ、昨日、今日と吐いています。毛玉を吐いたところもはじめて見ました。ふつうの猫になったのね〜と思っていたら、なんと今日は、朝から3回も! 最後の2回は胃液だけな感じで…。

f:id:cosmoR:20180727234928p:plain

2018年7月27日撮影

これはさすがにおかしいと思い、病院に連れていきました。今日は運悪く先生がひとりで、しかも手術中ということもあり、なんと2時間待たされました…。待合室にあったきょうの猫村さんを読んで時間をつぶしましたよ。

クウの変調の原因としては、ひとつ思い当たることがあります。先々週あたりに、子どもの水鉄砲の持ち手のウレタンのようなものをカジカジしたのです。大きなカケラは落ちていたのですが、たぶん、小さいのは飲み込んでいます。今週(火)あたりにカケラがひとつベッドに落ちていました。夜中に吐き出したものと思われます。

以前、私のブロンプトン(折りたたみ自転車)の柔らかいグリップもカジカジされましたが、そのときのクウはすずしい顔でいたってふつうだったのですが…。

f:id:cosmoR:20180728000705p:plain

クウがかじった水鉄砲


あと、最近カリカリの種類を変えたのですが、その粒が少し大き目なのも気になっています。クウはほとんど噛まずに飲み込む派なので、きっと、大きな粒もそのまま飲み込んでいます。弱っていた胃の消化には悪かったか?

というようなことを獣医さんにお伝えし、ようやく診ていただきました。吐き戻しの原因としては、毛玉や異物が胃や腸につまっている、異物によって胃や腸に傷がついて炎症を起こしていることが考えられるとのこと。

レントゲンと超音波検査もしましたが、わかったのはガスがたまっているということ。金属以外はレントゲンではうつらないので、原因を特定するには、内視鏡検査バリウム検査が必要とのことでした。

f:id:cosmoR:20180727234955p:plain

2018年7月27日撮影

最初は、胃薬を飲ませて様子を見ましょうということだったのですが、診察の途中でまたもや吐いてしまったため、とりあえず明日バリウム検査しましょう、ということに。われわれ人間も検診で飲まされるバリウムですね。猫ちゃんの場合、検査には7、8時間かかるそうです。

今日は、吐いて脱水症状になっているといけないので、点滴と胃薬の注射をしていただいて帰りました。点滴中はちょっと怒ってうなってましたが、おおむねいい子でしたよ。

明日は朝からずっと食べられないので今日は遅い時間に少しごはんをあげてくださいとのことなので、いつもは6時にあげるごはん(ウエットフード)を9時に(よく検診で9時までに食べてください、とありますし)、少なめの量であげたのですが…。

いつもは速効で食べ尽くし、もっとよこせと抗議するクウが、時間をかけて食べ、しかもなんと、ごはんを残した!!のです!! ああ、やっぱり具合が悪いんだ…。

検査の結果によっては内視鏡手術もしくは開腹手術(!)が必要になるかもしれないと思うと、つい頭をなでなでしてしまうのでした。

f:id:cosmoR:20180727234942p:plain

2018年7月27日撮影

 【書籍情報】

病院に置いてあった本『きょうの猫村さん』(ほしよりこさん作)はウェブ(猫村.jp)で毎日1コマずつアップされているマンガです(2017年9月より休載中)。猫村出身のネコ「猫村ねこ」さん(ややこしい…笑)が犬神家という家庭に家政婦として務めているという設定です。猫らしいようならしくないような猫村さんの優秀な家政婦ぶりとそれを取り巻く犬神家の人間模様がおもしろい…。単行本はもう9巻まで出ているんですね。 

きょうの猫村さん 1

きょうの猫村さん 1

 
きょうの猫村さん9

きょうの猫村さん9

 

 

2018年の福袋:ゴロにゃんの豪華9点+フードサンプル51種類!

寒中お見舞い申し上げます。

f:id:cosmoR:20180125234550p:plain

コレはにゃんだ?

 今年はじめてのブログです。新年気分はとっくに抜け、鏡開きもとうに過ぎましたが、お正月な写真で失礼いたします…。ついでにもう1枚(笑)

f:id:cosmoR:20180126001332p:plain

2018年1月1日撮影

近づいてもう1枚(笑)

f:id:cosmoR:20180126004727p:plain

モデル業も板についてきました(?)

東京では1月24日(水)に4年ぶりの大雪、翌25日(木)の朝は48年ぶりに—4℃という記録的な寒さになりました。

雪の日のクウは、2016年の11月にはじめて雪を見たとき(過去記事参照)と同じく、窓越しに雪と戯れていました。遊び疲れると、コタツの中に入ってだらんと寝ていましたよ(笑)

 さて、お正月と言えば福袋。前回はペット用品の通販サイト「ペピィ」の福袋を買いましたが、今年は猫用品の「ゴロにゃん 楽天市場店」で買ってみました。

 全9点に、キャットフードのサンプル51点がついて4,612円。なかなかお得です。

f:id:cosmoR:20180125233133p:plain

2017年12月13日に限定300個で販売開始。数時間で売り切れていました

中身をご紹介しましょう。まずはこの3点。

f:id:cosmoR:20180125233433p:plain

左から1、2、3

1 わくわくプレイポール(S):麻縄つめとぎのついたミニミニキャットタワー。モカベージュとブラウンがありましたが、ほしかったモカベージュが届きました。

2 にゃんボール みかん箱:底につめとぎがついたダンボール箱。

3 コロル 猫のツメみがき本体セット:プラスチック製のケースがついたダンボールツメとぎ。

 

次はこちら。

f:id:cosmoR:20180125234138p:plain

左から4、5、6

4 ユカファイバー  Sサイズ:蓄熱マット。ベージュとピンクがありましたが、ピンクが届きました。

5 クリーンスコップ:レッドとブルーがありましたが、希望のブルーが届きました。

6 A5サイズのクリアファイル:ゴロにゃん専属モデル猫?「かりんちゃん」の写真がついています。

 

続いて。

f:id:cosmoR:20180125234330p:plain

上が7、下が左から8、9

 7 スプリングワイヤー・ワンド:本物の羽のついた猫じゃらし。ブルーとブラウンがありましたが、これも希望のブルーが届きました。ゴロにゃんさんは、私の好みを把握している!?

8 寿ラメ棒 3本セット:ミニじゃらしのセット。獅子舞、鏡餅梅の花モチーフでかわいい。

9 クリンクル・パグ:抱きぐるみ。虫の形というのが外国ブランドっぽい。カシャカシャ音がします。キャットニップの香りもするらしい。

 

そして最後に、フードサンプル51種類!

f:id:cosmoR:20180126000236p:plain

ぎっしり詰まっています

f:id:cosmoR:20180126000248p:plain

並べてみました

ほとんどがドライフードですが、クウの好きなアニモンダのラフィーネスープを含め、ウェットも4点ありました。ふだん食べているごはんに少しずつ混ぜて試してみようと思います。全部試すにはだいぶ時間がかかりそうですね。とりあえず、賞味期限の短い順に並べて箱にしまってあります。

福袋の中身の各アイテムについては、おいおいレポートしていきます。今年は少しまめにアップしたいと思っているのですが、はてさて、どうなるでしょうか。

では、本日のしめは、クウの初寝顔で(笑)

f:id:cosmoR:20180126000202p:plain

f:id:cosmoR:20180126004115p:plain

鏡餅そばで正月寝

 【過去記事】

cosmokoo.hatenablog.com

 




 

 

 

クリスマス2017:猫のクウ、フードなしマントを着る

Merry Christmas!

f:id:cosmoR:20171225223506p:plain

メリクリ!

本日東京は、最高気温15℃の温かいクリスマスとなりました。学校に通うお子さんたちは今日が終業式のところも多かったでしょうか。冬休み突入ですね。社会人のみなさんは、あともうひとがんばり。

息子はサンタさんにG-SHOCKをもらってましたよ。いいですね〜。私にも誰かくれませんかね、G-SHOCK。アイスウォッチでもいいですよ(笑)

 

f:id:cosmoR:20171225224829p:plain

ぼくにもプレゼントちょうだい

今年はイブが日曜日だったので、ケーキはイブにいただきました。パティシエ ジュンホンマのいちごのタルトです。小さいですが、ずっしりして食べごたえがあります。

 

f:id:cosmoR:20171225224346p:plain

素朴かつ上品な甘さでおいしい

さて本題。昨年生まれてはじめてのクリスマスでは、クウにフード付きのかわいい天使マントを着せました(下記の過去記事参照)。着せたというか、子どもに抱っこしてもらい、かぶせて何とか写真を撮ったという感じ。かぶりものが苦手なクウは、着せてもすぐに体をブルブル動かしながら後退し、器用に脱いでしまうのです。

服は着せるのが難しいか…と思いましたが、同じ冬、試しにマフラーを巻いてみたら、あら、大丈夫。大人しく巻かれています(笑) なるほど、頭にかからなければ大丈夫なようです。

ということで、今年はフードなしのマントに挑戦しました。昨年と同じく楽天の猫用品専門店「ゴロにゃん」さんのオリジナル。その名も「レジェンド ちょこマント」です。ごはんを食べているときにささっと着せたら、全然ぬごうとせずに、大人しく着ていましたよ。もしかして、着てることに気付いていない?

 

f:id:cosmoR:20171225223540p:plain

いつもと変わりませんが、何か?

首元はマジックテープで簡単に装着できるのがいいですね。リボンも凝っていてとてもかわいい。ただ、クウは首が細いせいか、ちょうどよい感じにつけるとゆるいので、くるくる回ってリボンが横に来てしまったりしますが。

 

f:id:cosmoR:20171225224410p:plain

チェックのリボンです

f:id:cosmoR:20171225224813p:plain

赤いマントがツリーにはえます

本当は下の写真のようにえりを折り返して白い部分を見せて着せるとかわいいのですが、最初に撮影したときは折り返すのを忘れてました(笑) でも立ちえりも王子様っぽくてカッコイイ? えりを折り返すと王様っぽいですね。

 

f:id:cosmoR:20171225230513p:plain

えりを折り返すとこんな感じ

実は、頭に乗せるのは無理とわかっているのに、もしかしたら…と思って、同じゴロにゃんさんで、つい「猫王クラウン クリスマスVer」も買ってしまいました。

 

f:id:cosmoR:20171225224517p:plain

ゴージャスかわいい

しかしやはり、かぶりものギライのクウ。ゴムひもには興味をもちましたが(笑)、つけさせてくれませんでした、残念。かわいいのでオブジェとして使いましょう〜。

2017年も残り1週間を切りました。今年はブログをサボってあまり更新しませんでしたが、来年はもっと書ければと思っています。今年は、もしかしたらすべり込みであともう1回更新する…かも? …ですがしないかもしれないので、とりあえずいったんごあいさつ。みなさま、よい年末年始をお過ごしください。

 

f:id:cosmoR:20171225224650p:plain

1年の終わりなので(?)、しっぽでごあいさつ

 

cosmokoo.hatenablog.com

 

 

 

遅ればせながらハッピー・ハロウィン:去勢手術その後

お久しぶりですにゃん。 

f:id:cosmoR:20171101001839p:plain

前回5月にブログを更新してから仕事が猛烈に忙しくなり、なんと5カ月以上もブログをさぼってしまいました…。ようやく繁忙期が過ぎたので心機一転、再開です。

クウは去勢後、順調に回復し、いまはすっかり元のペースに。去勢したらおとなしくなるんじゃないかと思っていましたが、やんちゃぶりは変わらず。成猫にはなりましたが、まだまだ1歳5カ月の元気な若猫です。

去勢後は、クウがうちに来てはじめて2回ほどおもらししましたが、1週間たってエリザベスカラーがはずれたあとはまったくせず、去勢前にしていたスプレーもしなくなりました。おもらしは、手術のストレスからきたものだったのでしょうか。

やはり太りやすくなったのと、ホルモンの出方の違いのせいか、体つきが若干丸くなったように思います。もともとアビシニアンにしてはずんぐりしているのですが、よけいにおなかがタボタボしてきた気が…。

 

f:id:cosmoR:20171101001819p:plain

え? 太ったって?

 先日、ワクチンを打ちに病院へ行きましたが、体重がいつの間にか4キロ超え(4.25kg)になっていてびっくり。先生に「もともと骨格がしっかりしているタイプですが、これ以上は体重を増やさないように」と言われてしまいました。

ごはんは1日3回に分けていますが(ウェット2回、ドライ1回)、若干量を減らしつつ、ドライを去勢猫用のカロリーの低いものに切り換えました。「ニュートロ ナチュラル チョイス 避妊・去勢猫用(白身魚)」(360 kcal/100 g)をあげています。

夏に比べると、少しスマートになったような? けれど、私がキッチンに入るたびに「ごはんですか!? ぼくのごはんですか!?」という感じで、大急ぎでクウもキッチンに入ってきてシンクの上に飛び乗り、私の顔をソワソワしながら見上げるので、お腹が空いているのかな、かわいそうだなと、つい思ってしまいます…。

 

f:id:cosmoR:20171101001734p:plain

おやつくれるの?

f:id:cosmoR:20171101001749p:plain

くれないの?

 それで時々おやつをあげてしまうのですが、そんな日は夜のごはんを減らします。クウは基本、いつでもごはんをほしがるので、ほしがるままに与えていたら、すぐに肥満猫ですね〜。人間も猫も体重管理は健康のために大切。場合によってはウェットフードもカロリー控えめのものにしようかと思っています。

 

f:id:cosmoR:20171101001804p:plain

ちょうだい、ちょうだい

f:id:cosmoR:20171101001853p:plain

ペロリ

昨日はハロウィンだったので、特別におやつありでしたよ。トリック・オア・トリートは言ってくれませんけれど(笑) クウはかぶりものが苦手で、昨年は子どもが抱っこしてようやく一瞬だけマントを着ましたが(過去記事参照)、今年はシンプルにかぼちゃアップリケのスタイのみです。自作!ではなく、昨年のマント同様、「猫用品のゴロにゃん」さんのオリジナル。裁縫苦手で、ミシンももってないもので(笑)

それでは、日本時間では終わってしまいましたが、海外の方用に(?)遅ればせながらハッピー・ハロウィン!

 

f:id:cosmoR:20171101001907p:plain

ハロウィンておやつもらえる日?

 

cosmokoo.hatenablog.com

 

 

 

クウ、去勢手術を受ける(3):無事、手術が終わりました

f:id:cosmoR:20170507174836p:plain
↑ 手術の晩は安全のため、ケージで過ごしました(4月19日撮影)

去勢手術のお話の続きです。手術は4月19日(水)でした。前日は0時以降は絶食、水は朝6時まではOKでした。ちなみに、術前検査のときは血液検査があったので、前日は9時以降は絶食(水も)でした。

さて、病院に連れて行こうとキャリーバッグを用意したら、何も知らないクウはいつものように自分からキャリーバッグに入りました。その様子を見てなんだかとてもいとおしくなり、そのまま行くのはやめようかとも…

一瞬思いましたが、やっぱり行きました(笑) では、手術の日の様子を追ってみます。

f:id:cosmoR:20170507175115p:plain
↑ ねえねえ、おでかけ? どこ行くの?(4月19日撮影)

10:00 
病院へ行き、しばらく待ってから診察室に。いつものように検温・検診後、「手術できる状態です」と言われ、改めて手術の説明をしていただきました。オスの場合は、2つの陰嚢のあいだを1センチばかり切って中の睾丸を取り出します。睾丸と体をつないでいる組織(血管)を切り離し、切った部分はワイヤー(金属製)でしばります。先生に図を書いていただいての説明は、これで3度目でした。手術自体は10分程度とのこと。

続いて麻酔についての説明がありました。手術は全身麻酔で行います。術前検診で麻酔のかけられる体であることはわかっていますが、まれに(数千頭に1頭)アレルギー反応を起こす場合があり、これは麻酔をかけてみないとわからないということでした。アレルギー反応があった場合は即座に手術を中止し、必要な処置を行います。

アレルギーの場合の去勢手術の可否ですが、鎮静剤を打って行う場合もあれば、リスクを考えて去勢しないという決断をする飼い主さんもいるとのこと。自分も、もしアレルギーだったら手術はしないだろうと思いました。説明後、手術同意書にサインして受付に提出し、準備は完了です。

執刀はお昼〜2時くらいまでには行われるとのことで、クウをキャリーバッグに入れて病院に預け、いったん帰宅しました。

12:10
病院からTEL。麻酔は問題なくかかったので、これから手術を行うと連絡がありました。とりあえず麻酔がかかってよかった…。

14:00
再び病院からTEL。手術が無事終わり、すでに麻酔から覚めつつあるとの連絡を受けました。ただ、まだふらついているのでお迎えは夕方、18:00。メスの場合は泊まりになることもありますが、オスの場合は日帰りだそうです。ともあれ、無事終わってほっとしました。

18:00
お迎え。待合室にいると、術前検診のときの先生に「クウちゃん、今日はいい子でしたよ〜。手術後はちょっと怒りっぽくなってますが」と言われました。怒ってるのか…と思いつつ診察室に入ると、

ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜

ナゾの低音が。え、何の音? まさかクウ?と思いつつキャリーバッグを開けると…

ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜

やっぱりクウ。はじめて聞く鳴き声…というか、うなり声でした…。
やっぱり、怒っていた!!

f:id:cosmoR:20170507175701p:plain
↑ 手術の翌日。エリザベスカラーをつけてウトウト(4月20日撮影)

先生によれば、どうやらエリザベスカラーが気に入らないらしいとのことです。キャリーバッグの外に出ようともがきながら、うなるクウ。確かに、カラーはうっとおしいですね。でも、猫の舌はザラザラしていうので、なめてしまうと傷口が開いてしまう可能性があるということですから、仕方ありません。術後の検診は一週間後、そこで問題なければカラーがはずせます。がんばれ〜。その日は抗生剤をもらって帰宅しました。

f:id:cosmoR:20170507175607p:plain
↑ 薬(抗生剤)。ご飯に混ぜて1回1錠×7日間ぶんです

手術当日は麻酔の影響が残っていて戻してしまい、喉につまる可能性もあるので、ご飯や水はなし。その日に必要な水分は点滴で入れてあるそうです。またふらついてケガをするといけないので、安全のためケージで過ごさせました。お疲れさま、クウ。がんばったね。

f:id:cosmoR:20170507175642p:plain
↑ 前足は麻酔や点滴のために針を刺したので包帯が。翌日とりました(4月20日撮影)


cosmokoo.hatenablog.com

cosmokoo.hatenablog.com