アビシニアン☆クウといっしょ

はじめての飼い猫との不器用な日常

2018年の福袋:ゴロにゃんの豪華9点+フードサンプル51種類!

寒中お見舞い申し上げます。

f:id:cosmoR:20180125234550p:plain

コレはにゃんだ?

 今年はじめてのブログです。新年気分はとっくに抜け、鏡開きもとうに過ぎましたが、お正月な写真で失礼いたします…。ついでにもう1枚(笑)

f:id:cosmoR:20180126001332p:plain

2018年1月1日撮影

近づいてもう1枚(笑)

f:id:cosmoR:20180126004727p:plain

モデル業も板についてきました(?)

東京では1月24日(水)に4年ぶりの大雪、翌25日(木)の朝は48年ぶりに—4℃という記録的な寒さになりました。

雪の日のクウは、2016年の11月にはじめて雪を見たとき(過去記事参照)と同じく、窓越しに雪と戯れていました。遊び疲れると、コタツの中に入ってだらんと寝ていましたよ(笑)

 さて、お正月と言えば福袋。前回はペット用品の通販サイト「ペピィ」の福袋を買いましたが、今年は猫用品の「ゴロにゃん 楽天市場店」で買ってみました。

 全9点に、キャットフードのサンプル51点がついて4,612円。なかなかお得です。

f:id:cosmoR:20180125233133p:plain

2017年12月13日に限定300個で販売開始。数時間で売り切れていました

中身をご紹介しましょう。まずはこの3点。

f:id:cosmoR:20180125233433p:plain

左から1、2、3

1 わくわくプレイポール(S):麻縄つめとぎのついたミニミニキャットタワー。モカベージュとブラウンがありましたが、ほしかったモカベージュが届きました。

2 にゃんボール みかん箱:底につめとぎがついたダンボール箱。

3 コロル 猫のツメみがき本体セット:プラスチック製のケースがついたダンボールツメとぎ。

 

次はこちら。

f:id:cosmoR:20180125234138p:plain

左から4、5、6

4 ユカファイバー  Sサイズ:蓄熱マット。ベージュとピンクがありましたが、ピンクが届きました。

5 クリーンスコップ:レッドとブルーがありましたが、希望のブルーが届きました。

6 A5サイズのクリアファイル:ゴロにゃん専属モデル猫?「かりんちゃん」の写真がついています。

 

続いて。

f:id:cosmoR:20180125234330p:plain

上が7、下が左から8、9

 7 スプリングワイヤー・ワンド:本物の羽のついた猫じゃらし。ブルーとブラウンがありましたが、これも希望のブルーが届きました。ゴロにゃんさんは、私の好みを把握している!?

8 寿ラメ棒 3本セット:ミニじゃらしのセット。獅子舞、鏡餅梅の花モチーフでかわいい。

9 クリンクル・パグ:抱きぐるみ。虫の形というのが外国ブランドっぽい。カシャカシャ音がします。キャットニップの香りもするらしい。

 

そして最後に、フードサンプル51種類!

f:id:cosmoR:20180126000236p:plain

ぎっしり詰まっています

f:id:cosmoR:20180126000248p:plain

並べてみました

ほとんどがドライフードですが、クウの好きなアニモンダのラフィーネスープを含め、ウェットも4点ありました。ふだん食べているごはんに少しずつ混ぜて試してみようと思います。全部試すにはだいぶ時間がかかりそうですね。とりあえず、賞味期限の短い順に並べて箱にしまってあります。

福袋の中身の各アイテムについては、おいおいレポートしていきます。今年は少しまめにアップしたいと思っているのですが、はてさて、どうなるでしょうか。

では、本日のしめは、クウの初寝顔で(笑)

f:id:cosmoR:20180126000202p:plain

f:id:cosmoR:20180126004115p:plain

鏡餅そばで正月寝

 【過去記事】

cosmokoo.hatenablog.com

 




 

 

 

クリスマス2017:猫のクウ、フードなしマントを着る

Merry Christmas!

f:id:cosmoR:20171225223506p:plain

メリクリ!

本日東京は、最高気温15℃の温かいクリスマスとなりました。学校に通うお子さんたちは今日が終業式のところも多かったでしょうか。冬休み突入ですね。社会人のみなさんは、あともうひとがんばり。

息子はサンタさんにG-SHOCKをもらってましたよ。いいですね〜。私にも誰かくれませんかね、G-SHOCK。アイスウォッチでもいいですよ(笑)

 

f:id:cosmoR:20171225224829p:plain

ぼくにもプレゼントちょうだい

今年はイブが日曜日だったので、ケーキはイブにいただきました。パティシエ ジュンホンマのいちごのタルトです。小さいですが、ずっしりして食べごたえがあります。

 

f:id:cosmoR:20171225224346p:plain

素朴かつ上品な甘さでおいしい

さて本題。昨年生まれてはじめてのクリスマスでは、クウにフード付きのかわいい天使マントを着せました(下記の過去記事参照)。着せたというか、子どもに抱っこしてもらい、かぶせて何とか写真を撮ったという感じ。かぶりものが苦手なクウは、着せてもすぐに体をブルブル動かしながら後退し、器用に脱いでしまうのです。

服は着せるのが難しいか…と思いましたが、同じ冬、試しにマフラーを巻いてみたら、あら、大丈夫。大人しく巻かれています(笑) なるほど、頭にかからなければ大丈夫なようです。

ということで、今年はフードなしのマントに挑戦しました。昨年と同じく楽天の猫用品専門店「ゴロにゃん」さんのオリジナル。その名も「レジェンド ちょこマント」です。ごはんを食べているときにささっと着せたら、全然ぬごうとせずに、大人しく着ていましたよ。もしかして、着てることに気付いていない?

 

f:id:cosmoR:20171225223540p:plain

いつもと変わりませんが、何か?

首元はマジックテープで簡単に装着できるのがいいですね。リボンも凝っていてとてもかわいい。ただ、クウは首が細いせいか、ちょうどよい感じにつけるとゆるいので、くるくる回ってリボンが横に来てしまったりしますが。

 

f:id:cosmoR:20171225224410p:plain

チェックのリボンです

f:id:cosmoR:20171225224813p:plain

赤いマントがツリーにはえます

本当は下の写真のようにえりを折り返して白い部分を見せて着せるとかわいいのですが、最初に撮影したときは折り返すのを忘れてました(笑) でも立ちえりも王子様っぽくてカッコイイ? えりを折り返すと王様っぽいですね。

 

f:id:cosmoR:20171225230513p:plain

えりを折り返すとこんな感じ

実は、頭に乗せるのは無理とわかっているのに、もしかしたら…と思って、同じゴロにゃんさんで、つい「猫王クラウン クリスマスVer」も買ってしまいました。

 

f:id:cosmoR:20171225224517p:plain

ゴージャスかわいい

しかしやはり、かぶりものギライのクウ。ゴムひもには興味をもちましたが(笑)、つけさせてくれませんでした、残念。かわいいのでオブジェとして使いましょう〜。

2017年も残り1週間を切りました。今年はブログをサボってあまり更新しませんでしたが、来年はもっと書ければと思っています。今年は、もしかしたらすべり込みであともう1回更新する…かも? …ですがしないかもしれないので、とりあえずいったんごあいさつ。みなさま、よい年末年始をお過ごしください。

 

f:id:cosmoR:20171225224650p:plain

1年の終わりなので(?)、しっぽでごあいさつ

 

cosmokoo.hatenablog.com

 

 

 

遅ればせながらハッピー・ハロウィン:去勢手術その後

お久しぶりですにゃん。 

f:id:cosmoR:20171101001839p:plain

前回5月にブログを更新してから仕事が猛烈に忙しくなり、なんと5カ月以上もブログをさぼってしまいました…。ようやく繁忙期が過ぎたので心機一転、再開です。

クウは去勢後、順調に回復し、いまはすっかり元のペースに。去勢したらおとなしくなるんじゃないかと思っていましたが、やんちゃぶりは変わらず。成猫にはなりましたが、まだまだ1歳5カ月の元気な若猫です。

去勢後は、クウがうちに来てはじめて2回ほどおもらししましたが、1週間たってエリザベスカラーがはずれたあとはまったくせず、去勢前にしていたスプレーもしなくなりました。おもらしは、手術のストレスからきたものだったのでしょうか。

やはり太りやすくなったのと、ホルモンの出方の違いのせいか、体つきが若干丸くなったように思います。もともとアビシニアンにしてはずんぐりしているのですが、よけいにおなかがタボタボしてきた気が…。

 

f:id:cosmoR:20171101001819p:plain

え? 太ったって?

 先日、ワクチンを打ちに病院へ行きましたが、体重がいつの間にか4キロ超え(4.25kg)になっていてびっくり。先生に「もともと骨格がしっかりしているタイプですが、これ以上は体重を増やさないように」と言われてしまいました。

ごはんは1日3回に分けていますが(ウェット2回、ドライ1回)、若干量を減らしつつ、ドライを去勢猫用のカロリーの低いものに切り換えました。「ニュートロ ナチュラル チョイス 避妊・去勢猫用(白身魚)」(360 kcal/100 g)をあげています。

夏に比べると、少しスマートになったような? けれど、私がキッチンに入るたびに「ごはんですか!? ぼくのごはんですか!?」という感じで、大急ぎでクウもキッチンに入ってきてシンクの上に飛び乗り、私の顔をソワソワしながら見上げるので、お腹が空いているのかな、かわいそうだなと、つい思ってしまいます…。

 

f:id:cosmoR:20171101001734p:plain

おやつくれるの?

f:id:cosmoR:20171101001749p:plain

くれないの?

 それで時々おやつをあげてしまうのですが、そんな日は夜のごはんを減らします。クウは基本、いつでもごはんをほしがるので、ほしがるままに与えていたら、すぐに肥満猫ですね〜。人間も猫も体重管理は健康のために大切。場合によってはウェットフードもカロリー控えめのものにしようかと思っています。

 

f:id:cosmoR:20171101001804p:plain

ちょうだい、ちょうだい

f:id:cosmoR:20171101001853p:plain

ペロリ

昨日はハロウィンだったので、特別におやつありでしたよ。トリック・オア・トリートは言ってくれませんけれど(笑) クウはかぶりものが苦手で、昨年は子どもが抱っこしてようやく一瞬だけマントを着ましたが(過去記事参照)、今年はシンプルにかぼちゃアップリケのスタイのみです。自作!ではなく、昨年のマント同様、「猫用品のゴロにゃん」さんのオリジナル。裁縫苦手で、ミシンももってないもので(笑)

それでは、日本時間では終わってしまいましたが、海外の方用に(?)遅ればせながらハッピー・ハロウィン!

 

f:id:cosmoR:20171101001907p:plain

ハロウィンておやつもらえる日?

 

cosmokoo.hatenablog.com

 

 

 

クウ、去勢手術を受ける(3):無事、手術が終わりました

f:id:cosmoR:20170507174836p:plain
↑ 手術の晩は安全のため、ケージで過ごしました(4月19日撮影)

去勢手術のお話の続きです。手術は4月19日(水)でした。前日は0時以降は絶食、水は朝6時まではOKでした。ちなみに、術前検査のときは血液検査があったので、前日は9時以降は絶食(水も)でした。

さて、病院に連れて行こうとキャリーバッグを用意したら、何も知らないクウはいつものように自分からキャリーバッグに入りました。その様子を見てなんだかとてもいとおしくなり、そのまま行くのはやめようかとも…

一瞬思いましたが、やっぱり行きました(笑) では、手術の日の様子を追ってみます。

f:id:cosmoR:20170507175115p:plain
↑ ねえねえ、おでかけ? どこ行くの?(4月19日撮影)

10:00 
病院へ行き、しばらく待ってから診察室に。いつものように検温・検診後、「手術できる状態です」と言われ、改めて手術の説明をしていただきました。オスの場合は、2つの陰嚢のあいだを1センチばかり切って中の睾丸を取り出します。睾丸と体をつないでいる組織(血管)を切り離し、切った部分はワイヤー(金属製)でしばります。先生に図を書いていただいての説明は、これで3度目でした。手術自体は10分程度とのこと。

続いて麻酔についての説明がありました。手術は全身麻酔で行います。術前検診で麻酔のかけられる体であることはわかっていますが、まれに(数千頭に1頭)アレルギー反応を起こす場合があり、これは麻酔をかけてみないとわからないということでした。アレルギー反応があった場合は即座に手術を中止し、必要な処置を行います。

アレルギーの場合の去勢手術の可否ですが、鎮静剤を打って行う場合もあれば、リスクを考えて去勢しないという決断をする飼い主さんもいるとのこと。自分も、もしアレルギーだったら手術はしないだろうと思いました。説明後、手術同意書にサインして受付に提出し、準備は完了です。

執刀はお昼〜2時くらいまでには行われるとのことで、クウをキャリーバッグに入れて病院に預け、いったん帰宅しました。

12:10
病院からTEL。麻酔は問題なくかかったので、これから手術を行うと連絡がありました。とりあえず麻酔がかかってよかった…。

14:00
再び病院からTEL。手術が無事終わり、すでに麻酔から覚めつつあるとの連絡を受けました。ただ、まだふらついているのでお迎えは夕方、18:00。メスの場合は泊まりになることもありますが、オスの場合は日帰りだそうです。ともあれ、無事終わってほっとしました。

18:00
お迎え。待合室にいると、術前検診のときの先生に「クウちゃん、今日はいい子でしたよ〜。手術後はちょっと怒りっぽくなってますが」と言われました。怒ってるのか…と思いつつ診察室に入ると、

ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜

ナゾの低音が。え、何の音? まさかクウ?と思いつつキャリーバッグを開けると…

ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜ググゥ〜

やっぱりクウ。はじめて聞く鳴き声…というか、うなり声でした…。
やっぱり、怒っていた!!

f:id:cosmoR:20170507175701p:plain
↑ 手術の翌日。エリザベスカラーをつけてウトウト(4月20日撮影)

先生によれば、どうやらエリザベスカラーが気に入らないらしいとのことです。キャリーバッグの外に出ようともがきながら、うなるクウ。確かに、カラーはうっとおしいですね。でも、猫の舌はザラザラしていうので、なめてしまうと傷口が開いてしまう可能性があるということですから、仕方ありません。術後の検診は一週間後、そこで問題なければカラーがはずせます。がんばれ〜。その日は抗生剤をもらって帰宅しました。

f:id:cosmoR:20170507175607p:plain
↑ 薬(抗生剤)。ご飯に混ぜて1回1錠×7日間ぶんです

手術当日は麻酔の影響が残っていて戻してしまい、喉につまる可能性もあるので、ご飯や水はなし。その日に必要な水分は点滴で入れてあるそうです。またふらついてケガをするといけないので、安全のためケージで過ごさせました。お疲れさま、クウ。がんばったね。

f:id:cosmoR:20170507175642p:plain
↑ 前足は麻酔や点滴のために針を刺したので包帯が。翌日とりました(4月20日撮影)


cosmokoo.hatenablog.com

cosmokoo.hatenablog.com

 

クウ、去勢手術を受ける(2):術前検査って? 内容・費用は?

おうちに帰ってきた?

f:id:cosmoR:20170425130714p:plain
↑ 検査から帰ってきたところ(2017年4月13日撮影)

去勢手術をするあたっては、術前検査を受ける必要がありました。全身麻酔で行うため、麻酔のかけられる体かどうかを検査するのです。手術当日に検査することも可能でしたが、一度にたくさんのストレスをかけたくなかったので、事前(4月13日)に受けることにしました。

クウの通う病院では、検査の種類は下記の4つでした。

(1)CBC(血液検査。貧血や白血球の異常がないか調べる):3,500円
(2)血液化学検査(血液検査。肝機能や腎機能などを含めた全身状態を調べる):6,800円
(3)心電図検査(心臓の異常や不正静脈がないか調べる):3,500円
(4)血液凝固系検査(出血時に血液がきちんと止まるかを調べる):4,000円

トータル17,800円。けっこうお高いですね。ちなみに、去勢手術自体の費用は18,000円(いずれも税別)です。事前に総額は聞いていたのでネット検索してみたところ、術前検査も手術も、もっと安いところはありました。けれど、かかりつけの病院だし、なんといっても家から徒歩3分の距離で便利ですので、他で受けることは考えませんでした。

なお、検査のうち(1)(2)は必須、(3)(4)は希望により。(3)は猫の場合、正常でも不整脈(心臓の鼓動のリズムが不規則)になることが多く、原因究明には他の検査も必要になるとのことで、クウの場合は心配ないので受けなくてもよいでしょうとのことでした。

(4)についても微妙で、3つの項目を調べるのですが、どれかが基準値より高くても正常である場合もあり、心配をあおるだけになってしまうのでしなくてもよいかもしれない、と言われました。内因性経路、外因性経路、共通経路が云々…と獣医さんがていねいに説明してくださり、その場ではなんとなーくわかったような気がしましたが、今思いだそうとしてもさっぱり思い出せません(^_^;)

要は血液がきちんと止まるかは手術の時にすぐわかるので、その場ですぐ対処可能、また猫ちゃんの血液型は95%ぐらいがA型なので、万が一出血が多くても輸血はすぐできるため心配ないとのことでした(ただ、珍しいB型、AB型であった場合は問題なのですが…)。ちなみに、猫の血液分類はA型、B型、AB型の3種類で、O型はないそうです。

それで、(1)(2)だけ受けようと思いましたが、先生が「あ、でも血液凝固系は受けておくと、次回数値が高かった時に、前回もそうだったということで参考になります」とおっしゃったので、結局、心電図以外の3つを受けることにしました。

f:id:cosmoR:20170425130951p:plain
↑ 術前検査に出発。キャリーバッグは好きなので、自分から入っていきます(2017年4月13日撮影)

体温をはかり、聴診器で心音を調べたり、目などを調べたりしたあと、エリザベスカラーをつけていよいよ採血。採血は、クウにとってははじめての体験です。はじめはおとなしくしていたのですが、けっこうな分量をとるので針をさしている時間が長く、途中から暴れ出して針がはずれてしまいました…。何回かトライしましたが動いてしまってじゅうぶんに採血できず。凝固系の検査の採血は、必要な分量を一挙にとらなければならないそうですが、それがなかなかできません。

看護師さんが増員されて2人がかりでおさえ、私は顔のほうに回って頭やあごをなでて気をそらす役でした。鳴きながら暴れてちょっとかわいそうでしたが、こればかりは仕方ない…。結局、5、6回、両方の後ろ足に交互に針をさされてようやく終了です。なお、前足は手術のときに針を刺すため、検査では後ろ足だけにするそうです。

15分後に結果が出ましたが、すべて問題ないとのこと。翌週に手術することになりました。料金は、再診料・消費税を含めて計15,770円でした。

f:id:cosmoR:20170425135259p:plain
↑ 検査結果用紙。赤くなっているのは数値が高く正常値からはずれているところですが、わずかな差なので問題ないとのこと。項目によっては筋肉から出る数値なので、採血時に暴れたことが影響しているのではとのことでした。心配していた凝固系は3項目とも正常値内

いやぁ、たくさん針をさされたのに、がんばりましたね、クウ。ということで、その日は大好きなちゅ〜るをおやつにあげました!

f:id:cosmoR:20170425131810p:plain↑ 何か食べ物をもらえると思うと自分からおすわりしていいこにします(笑)

f:id:cosmoR:20170425131910p:plain↑ でも、なかなかもらえないと鳴いておねだり

f:id:cosmoR:20170425131958p:plain↑ ちゅ〜る、ちゅ〜る…。なぜかイカ耳になってます

f:id:cosmoR:20170425132053p:plain
↑ おいしい〜。もっとちょうだい(上記4枚とも2017年4月13日撮影)

次回はいよいよ手術〜手術後のお話です。

cosmokoo.hatenablog.com

cosmokoo.hatenablog.com

 



 

クウ、去勢手術を受ける(1):「人間をダメにするソファ」の災難

ブログをさぼっているうちに早4月後半。5月生まれのクウも1歳の誕生日まで残り1ヶ月を切りました去勢をするなら1歳までにしたほうがよいと聞きましたので、とうとう手術することに。ちなみになぜ1歳までなのかというと、発情を経験してしまうと去勢後もスプレー行動(なわばりを主張するために濃いオシッコをかけてニオイをつける行動)などが残りやすいからだそうです。

そして手術は今週19日(水)に無事終わり、いまはエリザベスカラーと呼ばれる、傷口をなめないように首の周りにつける円すい形のプレスチック製えりまきをつけています。

f:id:cosmoR:20170422002402p:plain
↑ エリザベスカラーをつけたクウ(2017年4月21日撮影)

去勢手術をすることにしたのは、やはり万が一脱走した時に繁殖能力をもっているとよくないと考えたのと、発情期特有の行動(大声で鳴く、スプレーする、攻撃的になる、など)を抑えたかったこと、あとはクウ本人の発情によるストレスをなくしたかったからです。

手術の時期としては、オスの場合は精巣が十分に大きくなる生後10ヶ月頃(クウの場合、今年の3月頃)がいいということでしたが、何となく体にメスを入れるのはかわいそうな感じがしてズルズルと引き伸ばしていました。

f:id:cosmoR:20170421233441p:plain

f:id:cosmoR:20170421233506p:plain↑ 手術前検診で久しぶりにキャリーバッグに入りました

ところが、4月に入ったある日。外出から帰ってリビングに入ったら、なんか部屋が臭い。クウのオシッコ臭い。いつもはニオわないのに…。システムトイレのマットを変えたり、消臭剤を使ってみたりしましたが、ニオイが消えません。

もしや、とうとうスプレー? 
と思ってニオイの元を探したら…。

リビングには無印良品体にフィットするソファ(ビーズクッション)、通称「人間をダメにするソファ」が2つあるのですが、どうやらそれがニオイの元らしい。特に1つが強烈なニオイです。

f:id:cosmoR:20170421233945p:plain
↑ 無印良品の「体にフィットするソファ」に横たわる子どもとクウ(2017年2月17日撮影)

最初はスプレーなのかどうか確信が持てなかったのですが、そのあとすぐ、今度はバスマットが部分的に濡れて黄色くなっているのを見つけてしまいました。かいでみると、うん、臭い(笑)。これはもう、完全にスプレー行動ですね。

ソファは2つともカバーをはずして洗濯、本体は天日干ししてから消臭剤をスプレーしました。片方は直接スプレーはされてなかったらしく臭いが収まりましたが、もう片方はバツ。部分的にとても(オシッコで!)ぬれていましたし、においが全然とれません。仕方なく、解体して燃やすゴミ行きに…

このスプレーが、手術を急ごうと思った直接的なきっかけとなりました。去勢をすれば、たいていの場合はスプレー行動はなくなるとのこと…ですが、なんと直らない子が1割ぐらいいるらしい(!) さて、クウの場合はいかに。次回以降で、手術をするまで/したあとの過程を書いていきたいと思います。

f:id:cosmoR:20170421234223p:plain
 ↑ 手術前日のクウ(2017年4月18日撮影)

cosmokoo.hatenablog.com

cosmokoo.hatenablog.com

 

 

クウと招き猫、そして直虎

寒中お見舞い申し上げます。

すでに1月末ですが、2017年最初のブログです。昨年は、個人的にはにゃんこ生活デビューイヤーとして記憶に残る年となりましたが、みなさまはいかがでしたでしょうか。本年もよろしくお願いいたします。

さて、年明けだし縁起のいい写真を載せたいと思いまして。で、事務所にある大きな招き猫といっしょにクウを撮ってみました。ざぶとんにクウをすわらせて隣に招き猫を置いてみると…。

f:id:cosmoR:20170127162345j:plain

f:id:cosmoR:20170127162527j:plain

じっと見つめてからにおいをかぎはじめました。そのあとざぶとんを降り、「ん? なんだこの物体は…」と、さらににおいをかいだり、さわったり、いろいろと確認作業をしていました。

下の写真はざぶとん写真とは別日に撮ったものですが(首輪が違います)、両日とも同じように「何だこれ」行動をとっていました。しばらくすると、招き猫が動かないことがわかって興味を失い、離れて行くのですが…。

f:id:cosmoR:20170127164205j:plain

f:id:cosmoR:20170127164036j:plain

f:id:cosmoR:20170127164305j:plain

ところでこの招き猫は、招き猫発祥の地(のひとつ)とされる、世田谷区のお寺「豪徳寺(ごうとくじ)」(東京都世田谷区豪徳寺2-24-7)で買ったものです。江戸時代、近江(現滋賀県彦根藩の第2代藩主の井伊直孝(いいなおたか)がこのお寺の前を通りかかったとき、そこで見かけた白猫(お寺の和尚さんの飼い猫)が手招きしているように見えたのでお寺で休むことにしました。

f:id:cosmoR:20170127162705j:plain
↑ 豪徳寺の招き猫は小判などはもっていません。右手をあげたシンプルなタイプ。滋賀県彦根市ゆるキャラひこにゃん」も、豪徳寺の前で手招きしていた猫がモデルだそうです

すると直後にはげしい雷雨になったそうです。猫に導かれて寺に入ったおかげで雷に打たれずにすんだと考えた直孝は、寺を整備し、井伊家の菩提寺(のひとつ)としました。豪徳寺には、有名な15代藩主・井伊直弼(いいなおすけ。「桜田門外の変」で暗殺された江戸幕府大老)をはじめ、江戸時代に亡くなった井伊家の方々のお墓があります。

f:id:cosmoR:20170127164747j:plain
↑ 豪徳寺・本堂前の参道

話は変わりますが、1月からはじまったNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。女性ながら「直虎(なおとら)」という勇猛果敢な名前のこの主人公も、井伊家の人です(今が旬の女優・柴咲コウさんが演じています)

跡継ぎとなる男子がみな亡くなり、井伊家存亡の危機となったとき、女性ながら当主として御家を守り、のちに彦根藩初代藩主となる井伊直政(いいなおまさ。幼名「虎松」)を2歳から養母として育てあげ、井伊家を救ったそうです。豪徳寺で猫に招かれた直孝の父上が、この、直虎に育てられた直政で
す。

f:id:cosmoR:20170127164806j:plain
↑ 豪徳寺・招福庵

大河ドラマ、じつはめったに見ないのですが、「直虎」という名の女性という、何やら強そうなイメージにひかれて見はじめました。虎はネコ科の動物でもありますし(笑) また、豪徳寺の招き猫伝承と関連のある井伊家の話だということがわかり、より興味をそそられています。まだ話は主人公の子供時代なのですが、子役たちがとても演技力があり、いい味を出しています。これは続けて見てもいいかな? 

f:id:cosmoR:20170127164824j:plain
↑ 豪徳寺・招猫殿横。招き猫がたくさん奉納されています

ところで、昔の和尚さんはよく猫を飼っていたのでしょうか? 豪徳寺の招き猫伝承の猫もお寺の飼い猫らしいですし、大河ドラマに出てくる和尚さん(南渓谷和尚。小林薫さんが茶目っ気たっぷりに演じています)も茶トラ?の猫を抱いています。お寺は来るもの拒まずなので、勝手に住みついたノラさんにエサをやっていたということなのかもしれませんが…。

上の豪徳寺の写真は3年前の春に撮ったものです。桜がとてもきれいなので、この春、また行ってみたいと思っています。今年は井伊家ゆかりの地めぐりでたくさんの人が訪れていそうですね。

【サイト紹介】

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」公式サイト

www.nhk.or.jp

 

【本紹介】

井伊家の教え 彦根藩・末裔の娘が語る赤備えの一族

井伊家の教え 彦根藩・末裔の娘が語る赤備えの一族

 

 井伊家17代当主の長女である著者が、子孫として代々語りつがれてきたことを交えながら、井伊家の歴史を女性らしいやさしい語り口で綴っています。(私のような)お堅い歴史本が苦手な人の井伊家入門書としておすすめです。

 

 直虎のムック本は数多く出ていますが、書店で見て、レイアウトがシンプルで読みやすく、簡潔にまとまっているものを選びました。巻末付録として「事典 直虎をめぐる人物群像」がついているところもポイントです。